ドキュメンタリー映画 「武蔵野」 製作委員会 


「武蔵野の俤は今わずかに入間郡に残れり」

「なかば黄いろくなかば緑な林の中に歩いてゐると、澄みわたつた大空が梢々の隙間から

のぞかれて日の光は風に動く葉末葉末に砕け、その美しさいひつくされず。」  

                                     (国木田独歩著「武蔵野」より)

 

 

都心から30キロ圏内に、これだけの広さの平地林と農地があり、そこに農を営む人々がいます。
武蔵野の平地林はヤマと呼ばれ、農とともにあります。                  
都市化が進んだ現代にあって、こうした営みが続けられていることはまさに奇跡です。    
その江戸時代から続く自然の摂理を生かした循環農業と農家の営みを、「東北農業三部作」  
で一貫して自然に生かされた農の営みと奥深さを描いてきた原村政樹が精魂を込めて制作中です。
原村政樹の映画「武蔵野」製作にご期待下さい、またご支援下さい。           

※東北農業三部作

『いのち耕す人々』http://www.sakuraeiga.com/inochi.htm 

『天に栄える村』 http://www.sakuraeiga.com/tensaka/  

『無音の叫び声』 http://www.eiga-muon.net/